• ホームへ戻る
  • プレス加工業
  • 板金加工業
  • 塩ビ加工
  • 各種溶接加工
  • 設備概要
  • ご注文の流れ
  • FAQ
  • お問合せ



新日本精工株式会社のものづくりは、昭和35年にプレス加工からスタートしました。
お客様のニーズにお応えする取り込みを繰り返しながら新たなものづくりに常にチャレンジしてまいりました。その結果、業界の常識を打破する総合的なものづくりのノウハウを蓄積することができました。
ものづくりのお悩みは当社におまかせください。!
お客様と共に考え最適な答えを導き出す解決力が自慢です。

                             代表取締役 高橋 芳和

■ 改善の取組み
品質マネジメントシステムの認証とともに各部門ごとの「年度品質目標」
を掲げ、積極的な改善活動に取り組んでおります。
この目標は、月度の経営品質会議で進捗状況を報告し、他部門の意見を参考にさらなるレベルアップを目指す取り組みとなっております。
■ 展示会出展
東京ビックサイトで行われた機械要素展示会に高崎ブースから参加いたしました。展示会では、多くのお客様から、数多くのご質問やご要望をお聞きする機会として大切にしておりますので、ブースへお越し下さい。
■ 環境負荷軽減の取組み
当社は、環境マネジメントシステムを取得し、環境負荷軽減の取り組みを社員一丸となって取り組んでおります。ゴミの分別、廃掃法に基づく適正な廃棄物処理、電気エネルギー、燃料の削減等の環境目標を掲げ、CO2削減に努力を続けています。

昭和51年、当時は現在のようなペットボトルやアルミ缶などは無く、車の中でビンのボトルを飲んでいました。このボトルをどこかに置くことはできないかと、先代社長高橋美芳が「ドリンクフォルダー」を開発し、延べ50万個を出荷する大ヒット商品となりました。
これからも「悩みあるところにチャンスあり」の精神で、ものづくりのDNAを引継ぎ新たなお役立ち商品を世に出していきたいと考えています。

 会社名  新日本精工株式会社
 代表者  代表取締役 高橋 芳和
 所在地  〒370-0871 群馬県高崎市上豊岡町982

■事業内容
 金属加工部品(自動車、事務機器、建築用品)
 金属プレス金型設計及び製作 各種治具設計及び製作
 産業用塩ビ加工製品の設計・開発・製造
 コンクリート構造物の止水及び防水工事


■取引銀行
 群馬銀行高崎田町支店
 群馬信用金庫下豊岡支店
 しののめ信用金庫剣崎支店
 中小公庫前橋支店
 群馬信用組合高崎西支店


■主要取引先企業
 明和産業(株)
 信越エンジニアリング(株)


■工場敷地関連
 工場敷地  2,473,89u
 工場建物  963,40u
 事務所   59,63u
 倉庫    336,80u

 年月  沿 革
 昭和35年6月  創業(資本金350万円)
 昭和50年  ドリンクハンガー「ココ」開発
 昭和60年  高橋 美芳 代表取締役就任
 平成6年8月  1,000万円に増資
 平成13年  高崎市優良中小企業表彰
 平成14年  高橋 芳和 代表取締役就任
 平成16年1月  板金加工 設立
 平成16年9月  経営革新計画の承認
 平成17年7月  金型、機械加工 設立
 同年 12月  ISO14001認証 取得
 平成19年1月  環境事業部 設立
 平成19年9月  群馬県環境GS認定
 平成20年12月  資本金3,500万円に増資
 平成21年1月  ISO9001認証 取得